FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回はチームB5th「シアターの女神」公演より、キャンディーという曲です。亜美菜センター曲ではありませんが、トリオ曲なのと公演ではセンターの子が不在の時に亜美菜がスライドしてセンターになることもあったりして、結構亜美菜曲というイメージがついている……と思うのは亜美菜推しだからだろうかwまあコメントの雰囲気見る限りはそういう認識で間違ってないかな。

制作動機はまあ作りたい曲だったからでいいですけど、なんでセリフ入れたの?っていうところですよね。
本当はちゃんとしたコミュが入ったりとかするストーリーPVを作れたらよかったのですが、私はデレマスの方をやっていないので、ありすちゃんのことをあんまりよく知らないし大体結構キャラぶれてるからまとめづらいし……やめました。そういうのは、デレマスのありすちゃんをよく知っていて、もっとありすちゃんへの愛がある人の仕事だと思うのです。(ちなみに似たような理由でやよいのストーリー系MADも作ろうと思いません。まあこっちはそもそもゲームSPしかやってないからねw)
やよいの話が出てきましたが、やよいでこういう系は、たぶん作らないでしょう。まあセリフ入れ自体はやりたいのですが、今回みたいに内面描写みたいなのはしないと思います。
別にそれはありすちゃんの方が好き!とかそういう話ではなくて。ただ単に、ありすちゃんと亜美菜への思い入れをもって動画を作る人があまりいない(というか私が探した限りいない)というだけです。その点、やよいはいっぱいいるからねw
まあありすちゃんへの愛がある?って言われたら、いやないですってなるけど、亜美菜と足し合わせたら、多少の愛はあるかもなって思います。そして、その多少の愛であっても、いま愛を表現してくれる人がニコマスにいないので、私が一肌脱いで頑張ろうってなったわけです。

台詞の内容は、アイドルについてかいちごについてかどちらかにしようと思っていたのですが、いちごのセリフは結構入れづらかったのでアイドルについてにしました。あと、私の思うありすちゃんとアイドルだな!っていう台詞を抜き取っているので、正確かはわかりませんwだってほら、私ありすちゃんのことよく知らないからさw
まあ、この曲もかなりアイドルっぽい曲だし、アイドルのことだったら亜美菜のことと相まって感動的になるかなってwそれに、アイドルについてだったらずっと踊りっぱなしでもそれほど違和感がないような気がしますし。

そうそう、バックのメンバーの人選ですね。
まず2ndはクールな鷺沢さん。声的にクールな人のパートを担当してもらいました。完全に鷺沢さんと声が合ってるわけではないですが、それよりはふみありを優先させた感じですね。
3rdはキュートなちえりちゃん。キャンディーアイランドの一員で、可愛い。結構起用率高いので今回はいいかなと思ったのですが、見栄え的なことと、あとふみありも含め楽天的ではない(むしろネガティヴ)な子に「女の子は楽天的」という歌詞を歌わせたかった、というのもあって、入れてしまいましたw
4th、5thは大槻唯ちゃんと杏ちゃん。杏ちゃんはキャンディーという題名的に入れざるを得ないw大槻唯ちゃんは、ありすちゃんと同じプロジェクト・クローネの一員で意外とありすちゃんとの交流があるのと、まさに女の子っぽい女の子。そして多分楽天的。杏ちゃんや他のメンバーには当てはまらない「商店街走って」とかちょっとアウトドアな感じに当てはまるところも大きい。
あと、2人とも17歳なのもポイントです。いや別に16でも18でもよかったんだけどw小中学生組で楽天的っぽい人を持ってくるのはちょっと違うかなと。ある程度まで生きてたらそれなりに色々あるだろうけど楽天的でいるっていうのがこの曲のイメージなんですよね。その方が説得力がある気がします。

あと色調はあまりいじれませんでした。あまりいじりなれていないせいか、かえって変な感じになっちゃったのでシンプルにちょっと明るめにしたりしています。

前置きが長くなりましたが、各部分について、ざっくりと。
・最初
ありすちゃんがデビューする前のアイドルのイメージ的な感じですね。色調的にもっと想像の世界っぽさを出せればよかったんですが……w
サイリウムが青なのもイメージだからです。ほら、ありすちゃんはクールになりたいわけですからw

・イントロ
台詞の途中で気まぐれの最初のカットに入ってしまったうえに、イントロに入っても動かないので、スポットライトがつく的な演出にしました。個人的にはこの演出気に入っているので、またどこかで使いたいですねw

・最初のサビ
こんちきです。こんちきの振りはかわいくていいですよね。
そこから間奏?に入って、そこではTOKIMEKIの振り付けです。ここの振り付けの汎用性高いですよねw

・50ccバイクで
ここは4thと5thを。5thはあんま映らないので映るところは印象に残るアップにしました。

・iPodでミュージック
これは歌詞合わせに行かなきゃいけないところなので頑張って探しました。それっぽいと思っていただければ嬉しいです。


・嫌なことなんか
2ndを映せる振り付けといえばハピハピです。でも結構合ってるよね?

・サビ
前半はさっきからの流れでハピハピで。最初のありすちゃんがハートを作っている振り付け、本当はハートだけ映したかったのですが難しくて諦めましたw
後半はススメオトメ。まあこの2つは初期からある汎用性の高い振り付けですから、知ってたみたいな流れですよねw

・これが……アイドルなんですね
ここの振り付けは、これしかない感じですねwちょうど映しづらい4thと5th映せるしね!ここのカメラを地味に気に入ってるんだけど、好みスパッと分かれそうw

・商店街走って
ここは1サビがあまり目新しさがない振り付けだったので、ここで当時最新キュートソロ曲だったフレちゃんを突っ込もうという魂胆……ではなく、商店街走って感が出てる振り付け(というかバックの映像)を持ってきただけですw商店街にしてはやけに高級そうだけど気にしない。

・知り合いに手を振って
知り合い見つけた!みたいな。2ndを歌わせるのは難しいですねー。結局ススメオトメとハピハピにw

・泣き虫な子供を
4thと5thのバランスを取るために4thにはお休みしていただきました。杏ちゃんが笑顔になってよかったね的なw

・嫌なことなんか
ここは1stと2ndに歌わせるところなんですが面倒くさいので(!)全員歌ってることにして、純粋に歌詞合わせ的な感じで明日またを持ってきました。

・サビ
最初のアタポンの使い方はあとりえさんのハピガから着想しました。正直あとりえさんのハピガのこの振りの使いどころがなぜあそこなのかよく分からない
何をしようかは亜美菜ちゃんです。ここを流すためにわざわざ2サビに無理やりつなげたアゥソニのMCが懐かしい。
「女の子は気分屋さん」はそりゃフレちゃんでしょ!ってことでフレちゃんの振り付け。あとは3rdと5thのバランスをとりつつアタポンの締めにもっていく感じ。

・涙が
今までは、ありすちゃん=亜美菜、鷺沢さん=ゆったん(クールな声の人)、その他=ともーみ(亜美菜ちゃんと声が似た人でこの曲のセンター)のパートに忠実に作っていったんですが、Cメロだけはちょっと違います。
まあ、「こぼれて」の亜美菜は拾ってるけど……。「さああの魔法」なんてありすちゃんと鷺沢さん逆だしなあw
ここはパートに忠実というよりはありすちゃんの内面に突っ込んでいく方を優先した感じです。
ほぼmemories1本で作ったわりには上手くまとまっているかなーと思います。色調も私にしちゃ頑張ってるしね。

・サビ
本当は歌にセリフが干渉するのはやめたかったのですが、どうしてもこの台詞は入れたくて。私もこの台詞には共感出来ます。なんで共感出来るのかは皆さんのご想像にお任せ致します。(大した理由ではないw)

・大サビ
ここはショコラティアラ。お菓子系振り付け満を持して登場。色調も若干明るく。
最後は目新しい振り付けのフレちゃんで。

・アウトロ
アタポンの汎用性の高さ。あと明日またの振り付けは本当可愛いですよねー。
ススメオトメの4人順番に映るところは地味に調整大変だった気がします。
最後は明日またを長回ししてショコラティアラ決めポーズにもっていこうと思ったのですが、そういやハートの振り付けめっちゃ使ってることに気づいたのであわててススメオトメの最後をもってきました。

長い!長すぎる!ここまで読んだ方いらっしゃるんだろうか……。
ただいまありすちゃんポイント報酬のイベント中ですね。
多分、今回は唯一(?)CDデビュー済みだったのにキャラバンの弱い方報酬だった早苗さんと、唯一当時声ありなのに予告なしコミュなし曲参加なしのイベント報酬だったありすちゃんに、ちゃんと予告とコミュをあげようっていうイベントなんじゃないかなと思っています。個人的にはそこが不満だったので嬉しいです。
ともかくポイント報酬なので落ち着いてできますね。出来れば2枚取りしたいと思います。

では、この辺で!動画紹介はまた後日。
スポンサーサイト
コメント
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

マドールンP

Author:マドールンP
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。